So-net無料ブログ作成
検索選択

トキメキをください [All About Cars]

オモチャバイクが1台増えたくらいで、自身の自動車生活には大きな動きがなかった2009年。
最後に最近気になるジャンルで好き放題書いて締めくくろうと思います。



ステーションワゴンと軽オープンツーシーター。
我ながらそれなりに良いコンビなんではないかと思う手元の2台ですが、
最近はちょっと身のまわりが忙しくて、じっくり乗る時間がなかなか持てません。

思い切って1台にしちゃうとしたら、何がいいかなという妄想に近い想像をしてみると
俄然光ってくるのがクーペの存在です。
荷物積むときはレンタカーでいいじゃん。
オープン1台にする勇気はないけど、1台こっきりにするなら大事なのは「華」だよね、
「トキメキ」だよね~。

今じゃクーペに華なんてないのかもしれませんが、私が若かりし頃は「華」といったらクーペでした。
みんなこぞってパーソナルクーペに憧れていたものです。
(パーソナルじゃないクーペってのがあったのかどうか知りませんが・・・)

という事でクーペを1台選ぶとしたら何がいいかな、とあれこれ考えてみました。
R35とかZとか、走りそのものに対するウエイトが高いのはちょっと置いといて、としてみます。
屋根が空くのもはずします。クーペは密閉感が大事ですから。
勿論実現性はゼロなのでいつも以上に無責任な内容です・・・



今クーペと言われてパッと思い浮かぶのはこれでしょうか。
blogcoupe1-091229.jpg
 
今の日本車の中ではベストの1台なんじゃないかと思うくらい好きなんですが、
少しまじめ過ぎるような気もします。

なんといいましょうか、こう、もうちょっと退廃的というか悦楽的というか少し
常識からはずれたような感じが欲しいです。

他に日本車で・・・あまり思い浮かびません。
クーペはセダン以上に絶滅危惧種ですね。



輸入車だとこんなのとか、
blogcoupe2-091229.JPG

こんなのとかが思い浮かびますが、
blogcoupe3-091229.JPG

これじゃあまりに浮世離れしています。
あちらではクーペは究極の伊達グルマなんですね。
ここまでいっちゃうと想像力が働きません。

かといってアメリカ車のV8のデロデロエグゾーストノートはこの場合ちょっと違うんだよなぁ。

高速をかっ飛んだり峠道を楽しんだりするよりは、夜の湾岸高速を流したり、麻布か広尾あたり
へバゲット買いにいったりするのが似合うクーペがいい。(自分に似合うかどうかは無視!)
それでいて夢物語じゃないクーペ、今じゃあまり無いんですね。



それじゃあ溢れかえっていた頃の当時の日本車にすればいいんだ。
それもソアラやプレリュードのようなメジャーな存在じゃなくて、ちょっとマイナーなのが良いぞ。

と、前置きが長くなりましたが、今良いなと思うのがこの2台です。



1台はSUBARUアルシオーネSVXのバージョンL。
blogcoupe4-091229.jpg

blogcoupe5-091229.jpg

水平対抗6気筒に4WD、4WSとSUBARUの技術をありったけつぎ込んだフラッグシップです。

このクルマ、デビューしたての頃にディーラーさんで試乗したことがあります。
乗り心地がしっとりしていて、それでいてがっちりしていて、かなりの好印象でした。
もう20年近く前の事なのに、今でも覚えているくらいインパクトが大きかった。

当時のCG誌でも想像のふたまわりくらい良いクルマだった、と書かれていたのを覚えています。

個性的で流麗なエクステリアデザインなのに、地味なボディーカラーばかりだったのが
いかにもまじめなSUBARUらしいですね。



もう1台は20Bのユーノスコスモです。
blogcoupe6-091229.jpg

blogcoupe7-091229.jpg

3ローターを積んだクルマは結局後にも先にも世界でこれっきりになっちゃいました。
画像はSXですが、どうせならタイプEのCCSに純正フルエアロというバブリーな仕様が良いなぁ。
新車価格はとんでもなく高額だったはずです。
それのフルノーマルがあったら最高です。

CCSはパイオニアとの共同開発で生まれた(確か)日本初のナビゲーションシステム搭載車です。

3ローターの恐ろしくスムーズで強烈な加速感、味わってみたい。



どちらも今では考えられない開発費用を投入して生まれてきた、イメージリーダーカーというやつです。
販売台数を考えると1台あたりの開発費がとんでもなくて、結果バブルの象徴になってしまいました。
でもクルマとしては「華」と「トキメキ」に溢れていると思うのですが、どうでしょう?
スカイラインのキャッチコピーにある「トキメキ」よりは、もうちょっと刹那的な「トキメキ」、かな。

あの頃はどのメーカーにもこういう「華」と「トキメキ」のあるクルマが存在していて、そういうクルマ
は将来もずっと存在し続けるんだと思い込んでいました。

自動車というのは時代を映す鏡なんだなと、つくづく思います。



どちらも最終年式のものでも15年落ち程度になりますから、維持にはそれなりの覚悟が要るはずです。
でも状態の良い個体なら、今でも充分通用する魅力的な存在なのではないでしょうか。
燃費の事は目をつぶるしかないでしょうけど・・・

選ぶとすると、どちらかというと機械的に良く練り込まれているSVXのほうが通好みのような気がします。
キャラクターのせいでしょうか、優良個体の数も多いようです。

コスモは手を加えるとバカッ速くなったから、ノーマルの良いものは少ないようです。
3ローターならではのセンターローターの冷却や、高齢のロータリー特有の圧縮の問題も気になるところです。

でもどっちかって言ったらコスモが良いかなぁ。
コスモのほうがあの頃の「トキメキ」を色濃く残しているような気がします。
ロータリーの無音の加速に憧れます。

今持っていないものがあるとすればこの「トキメキ」です。
この頃の「トキメキ」をもう一度ください、と年の瀬に思ってみたりしています。



想像のお話はこのくらいにしましょう。
今年もあっという間の1年でした。

来年も自動車生活では大きな変化は無いはずです。
今の2台プラス原付1台とじっくり向き合って、道楽を更に深めていければと思っています。

低頻度な記事更新のヘタレ具合は変わらずだと思いますが、このblogにお付き合いいただいている
皆様の来年の自動車生活も素敵なものになりますように。

来年もどうぞよろしくお願いします。
nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(1) 

nice! 9

コメント 14

〇滝

想像だけ(本当でしょうか?)の話しとは思えない記事内容にとても惹き込まれました。

アルシオーネSVXとユーノスコスモは、レパードやソアラとは違う個性が輝いていたように思います。
いずれも私にはとても手がでない価格でしたので、どれも購入するには至らず。
今でも2000cc級のなんちゃってクーペ乗りを続けていますが、最近街中で同タイプの車を見かける機会が本当に減ってしまっているのが残念です。
先日ららぽーとに行った際も、駐車場にはミニバンばかりが停まっていました、今後復権することは有り得ないでしょうから大事に乗り続けたいと思います。

今年もありがとうございました、来年もよろしくお願いします。
by 〇滝 (2009-12-29 15:30) 

Akisan

matsuさん
SVXですか。ジウジアーロデザイン、ここに極まれりと言う
感じですね。
北米メインで出した割には北米でもコケてしまって
立派にレア車の仲間入りをしてしまいましたが、
こういうクルマはなくなってから評価が上がりますよね~。
持っていらっしゃる方は部品供給でいろいろ苦労されている
ようです。
コスモも良かったですね。この個体は純正のフルエアロが
入っているようですが、私もこれが大好きです。
当時20Bの燃費は3km/Lとも4km/Lとも言われましたが、
その後3ローターが出てこないところを見ると、さすがのマツダも
こりゃまずいと思ったのでしょうか。

日本のクーペ市場はほぼ壊滅と言っていい状態ですが、
我々の世代はクーペこそ「カッコイイ車」でしたよね。
だから今の市場で魅力を感じるクルマが少ないのかもしれません。

そんなことばかり考えていると1年が過ぎるのは早いものですが(笑)
来年は我々をドキドキさせてくれる1台を見つけられるといいですね~。

それでは、良いお年を!
by Akisan (2009-12-29 17:38) 

ま。

仰るとおり国産クーペだとスカイラインクーペにもっとも「色気」を感じる
んですが、あれでも真面目すぎるとなると・・・そう思いながら読み進めて
なるほどと思いました。

特にコスモは妖しい魅力が漂っていますよね~。3ローターなんて贅沢
かつ環境適合性の低そうなエンジンはこの先生き残っていくことは厳しい
でしょうし、SVXも、あのサイドウインドゥを成立させる為に、大変な手間を
掛けて製造していたそうですからああいうクルマたちはもうこの先、この国
からは出て来られないかも知れませんね・・・。

そう考えると残念ですけれど、ああいう素敵なクルマたちがあった事、
そして今でも状況さえ許せば乗れるっていうのは素敵ですよね。
(所有しないまでもそれを想像するとワクワクしますよね♪)

ではでは良いお年をお迎えくださいませ。
by ま。 (2009-12-29 18:16) 

Makorin(^_^)v

やっぱ若い頃はクーペだよね!!!ほんと小さい頃は免許とったらクーペなんて想像描いてたもんね。。。
今の小さい子は・・・ミニバン、ハイブリッド・・・・なんか変に現実をわかってるというかさめてるというか・・・もうちょっと夢がないのかな????
若い子にもクーペ一度は乗ってもらいたいですね。。。でも日本車で魅力的なものが無いのも事実・・・スカイラインとかカッコいいけど若い人には高嶺の花だし・・・

SVX・・・いいねぇ・・・今見ても新鮮・・・コスモも同じ・・・
今になって乗ってみたい車・・・あのころ自分もこれらの車の魅力に気がつかなかった・・・もったいない・・・
by Makorin(^_^)v (2009-12-29 22:40) 

matsu

>○滝さん、

一応想像の中のお話です(笑)

SVXにしろコスモにしろこれを今手に入れるとなったら「趣味度」が
高くなりますし、いざとなるとなかなか踏みきれないような気がします。
でもおっしゃる通りあの頃の輝きを覚えているだけに魅力的ですよね。

○滝さんの愛車はラリーに勝たなければならないというミッションを持って
生まれてきた車種で、決してなんちゃってじゃないピュアな魅力に溢れて
いると思います。

一度手放してしまうとなかなか手にできないのがクーペの世界ですから、
是非ミニバンなんかに負けずに走り続けてください!

こちらこそ、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくお願いします。


>Akisanさん、

SVXって、北米市場でどれくらいの台数が出たんでしょうか。
あちらでも現存している個体は多くはなさそうですね。

>こういうクルマはなくなってから評価が上がりますよね~。

おっしゃる通りですね。
「豪華絢爛クーペ」とかちょっと批判的な反応も多かったですよね。
世代の違いで憧れるクルマが違うのは当然だとしても、自動車の
魅力の根っこである「かっこ良さ」がストレートに出ていたクーペが
多い世代で幸せなのかもしれないですね。
というか、そういう世代だから今でもクルマクルマと大騒ぎしていられる
のかも(笑)

ドキドキさせてくれる1台、来年はどんな車種が挙がってくるのでしょうか。
Akisanさんをドキドキさせるのはどれだろうと考えるのもドキドキだったり
します!

Akisanさんも良いお年をお迎えください。
by matsu (2009-12-30 00:45) 

matsu

>ま。さん、

そうそうそうそう、正にそうなんです!

クーペの色気、怪しい魅力、おっしゃる通りの佇まいと雰囲気が
欲しいなぁなどと思ってしまいました(笑)
もし今手に入れることができたら、ずっと高嶺の花だった女の子を
15年かけて口説き落としたみたいな気分になれるかな、なんて
思ってみたりして。
・・・すみません無茶苦茶脱線しちゃいました(笑)

SVXのサイドウインドウは手がかかってますよね。
あれ、割れちゃったらどうするんだろうと心配してしまうくらい。
でもそれを敢えて市販化した気合には拍手したくなってしまいますし、

>ああいう素敵なクルマたちがあった事、
>そして今でも状況さえ許せば乗れるっていうのは素敵ですよね。

本当におっしゃる通りだと思います。
その気になれば、と思わせてくれる対象がある事に感謝しなきゃいけない
ですね。

ま。さんも良いお年をお迎えください!


>Makorinさん、

でしょでしょ、最初はカッチョイイクーペに憧れて、それから自分の好み
で他の人にはないクルマへの思い入れを磨いていくみたいなところ
ありましたよね。

いやほんとにそうなんですよね。
ミニバンとかハイブリッドとか、良いところも沢山あるんだろうけど
おっしゃる通りでなんか冷静なんですよね。
思わず目が釘付け、みたいなクルマにはなりにくいような気がします。
あの頃って、「ゲゲッ!なんてカッコイイんだ~!」ってクルマ、沢山
ありましたもんね。

SVXにしろコスモにしろ、いつかは乗ってみたいクルマがいつまでも
元気で走り続けていてほしいですね!
by matsu (2009-12-30 01:05) 

matsu

>八丁堀さん、

nice、ありがとうございます!
by matsu (2009-12-30 01:06) 

Kei

コスモは、学生の頃ディーラーに座りに行きましたよ。
ダッシュボードも革張りだったような記憶が???
3ローターはV12並のスムーズさ。なんて雑誌に書いていましたっけ。

スカイラインクーペはカッコイイですよね。
ただ、後席の狭さが。。。
クーぺに後席の快適さを求めるのが間違っているのでしょうが(^^;)
そう考えると、3のクーペは私向き?(価格は別として・・・)

外国車だと、DBSやグラントゥーリズモが良いですね~。
私には似合わないですけど・・・(T_T)
406クーペは今でも乗りたいな~と思います。
by Kei (2009-12-30 07:37) 

matsu

>Keiさん、

ダッシュボードが革張りのコスモはタイプEですね。
なのでコスモならタイプEで悦楽に浸るのが良いかな、なんて思います(笑)

一部の例外を除けば、クーペの後席の狭さは仕方が無いですね。
そのところが選択に当たっての一番のハードルになってしまうんですよね。
やっぱり複数所有前提じゃないと考えにくいのかもしれませんが、
そうなるとますます遠ざかっちゃいます。

やっぱりクーペって贅沢なクルマなんだなと実感してしまいますね~。
by matsu (2009-12-30 12:31) 

matsu

>silvercopenさん、

nice、ありがとうございます!
by matsu (2009-12-30 12:32) 

sugarbabe

自分は数年前、4つ目のセリカ、クーペに乗ってました。
当時はドアの数が少ないのになんで4つドアより高いんかな?とは思ってました。
今目にとまるのは3シリーズのクーペです。
でも現実に欲しいのはケイマンです。ボクスターではなく、911でなくあえて選択した感がかっこいいです。

by sugarbabe (2009-12-30 20:29) 

Camel

年の瀬にSVXとコスモとは、さすがmatsuさん(笑)
どっちも一度は乗ってみたいクルマですねぇ。SVXって、もしかしたら最高のスキーエキスプレスなんじゃないかと真剣に悩んだ事があります。。。

クーペにバイクにオープンカー。乗り物を『移動のための道具』だと思ってしまうとどれもまぁ役立たずな連中ですが、こんなのをいつまでも欲しいと思える大人でありたいモンです。
趣味の乗り物は乗らなくなると愛が冷めちゃうモンですし、来年は是非一緒に走りに行きましょう!

それでは良いお年をお迎えくださーい♪
by Camel (2009-12-30 21:08) 

katsumushi

ミクの世論調査で挙がった名前も登場してますね(笑)
実は、カッコイイ車第5位まで挙げれば635CSiがランクインしてました。
美しいで囲えば1位になってたかも(月並みですが)

今の年齢で独り身だったら、間違いなくオープンかクーペの2択になっていたと思います。
特に最近はCCなんてのが幅を利かせてますから、悩みは混沌となったでしょう。

輸入車でクーペというと現行モデルでもホイホイ名前が出てきますが、国産では懐かしい名前ばかり...
10年後、国産車のラインナップはどうなってるんでしょうねぇ(怖)


来年こそ、matsuさんのお眼鏡にかなう、エロい国産クーペが現れますように・・・
それでは良いお年を。
by katsumushi (2009-12-30 21:30) 

matsu

>sugarbabeさん、

4つ目のセリカって、T200ですか?
サファリのイメージが強いですよね。
私あのデザイン好きなんです。

3のクーペもかっこいいですが、ケイマンですか。
これまたいいですね。
贅肉を削ぎ落としたようないかにもポルシェらしい精悍なスタイルと、
おっしゃる通り敢えて選択する知性のようなものが光りそうですね。

やはりクルマ好きな方はクーペに対するこだわりをお持ちですね。
とっても嬉しくなります。


>Camelさん、

こんな不景気な年の瀬なんで、敢えて現実離れした妄想をしたかった
んですが結局
「これなら買おうと思えば買えそうですごく良さそう」
なほうへいっちゃうんですよね~(笑)

>SVXって、もしかしたら最高のスキーエキスプレスなんじゃないかと
>真剣に悩んだ事があります。。。

ほんとですね。
私も試乗した時は信頼性さえ加われば最高、のインテグラーレ
に乗ってた頃でしたので、余計にグラッときました。

クルマを移動のための道具だと割り切れればどれほど楽かと思うことも
しばしばですが、もう絶対無理ですよね。
Camelさんや先輩さんはじめ皆さんからビシバシ影響受けはじめてからは
私も正直に生きようと決めました。
結果身のまわりに役立たずマシンが増えてきちゃった・・・(笑)

来年は是非私もご一緒させてください!
Camelさんも良いお年を。


>katsumushiさん、

改めてミクの集計結果確認したら、出てましたね。
濃いお方が多いから候補が多すぎて把握しきれません~(笑)

635CSiですか、いいですよね~。
私はそれベースのALPINAのB7ターボが無茶苦茶かっこいいと
思ってた時期がありました。
あの頃のクーペはピラーが細くて繊細なイメージでしたよね。
それが良かったんだよなぁ。

>今の年齢で独り身だったら、間違いなくオープンかクーペの
>2択になっていたと思います。

機会があったらkatsumushiさんのこの前提のリアル妄想を聞かせて
ください。
かなり共感できるところがありそうな気がします。

そうそう、まさにエロい国産クーペ!
欲しいのはそれです、このネーミングいただき(笑)

katsumushiさんも良いお年を。
by matsu (2009-12-31 01:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。